• 高校留学のふたつの種類

    • 近年、高校から留学する生徒の数が増えてきています。

      この高校留学には、交換留学と私費留学というふたつの種類があります。

      交換留学は、約1年間と決まっており、留学生を受け入れることを了承してくれた公立高校へ留学するというものです。


      留学する国は選べても高校は選べません。

      また、試験があり、合格しなければ留学することはできません。

      注目の高校留学の情報を知りたい方必見です。

      滞在先は現地の家庭にホームステイすることがほとんどです。
      学費は免除されることが多いため、一般的に交換留学の場合は費用はおさえられます。


      交換留学といっても、現地の高校の留学生と交換で相手先の高校に行くというのものではなく、文化の交流を行う留学というほどの意味合いです。

      goo ニュースに関する情報を提供中です。

      つまり国際交流を目的として行う留学です。


      私費留学はすべて故人で費用を払うもので、出発時期、期間、留学先などを自由に決めることができます。



      1年程度の短期間の高校留学の場合もあれば、卒業留学といって現地の学校を卒業するケースもあります。

      語学力が不十分で自信がない場合、現地の高校に通う前に、現地の語学学校に通うこともできます。

      滞在先は学生寮であったり、ホームステイであったりと異なります。かかる費用は留学した高校の学費や留学期間などによって大きく幅があります。

      私費留学の中に、夏休みなどの長期休暇を利用していく短期留学があります。
      これはサマースクールや、ボーディングスクールのお試し留学などがあります。

      長期の高校留学が不安な場合は、まずは短期留学を経験し、どんなものかを知るといいでしょう。


  • 知っておきたい常識

    • 特技が高校留学を生かす

      人生の一番多感な時期に外国で勉強する「高校留学」。本人がその気になれば、普通なら願ってもないことでしょうが、1・2年間の語学留学であっても、ほとんど成果があがらないのが現実です。...

  • みんなの常識

    • 海外大学進学を見据えた高校留学

      自分の進路を良く考えた上で、海外の大学へ進学したいと考えた場合、出来れば高校留学を経験しておいた方がよいでしょう。高校3年間の全ての期間を留学に費やさなくても良いと思いますが、1年間は交換留学などを利用して海外で生活をするとはどういうことなのか、海外の学校の授業の進め方はどうなのか、レポートの書き方やテストの採点方法、授業でどのような部分が重要視されるのか等、日本の教育制度とは全く異なる環境で勉強することによって、海外の大学へ進学してもやっていけるのかどうかを見極めることが出来るでしょう。...

  • 教育の事柄・情報分析

    • 高校留学とはどのようなものか

      このところ、少子高齢化という言葉を多く耳にするようになっていますが、子供が少なくなっている反面、高校留学をする子どもたちの数は、意外に増えているというデータがあります。これはどのような事かというと、世界的な景気悪化に伴う就職難などのニュースを受け、若いうちにより多くの経験を積んでおこうという考えを持つ高校生が増えているからです。...

    • 高校留学をするメリット

      高校留学とは一体何かというと、外国にある高校に留学をするというものです。一般的に言う留学というのは、外国人向けの語学学校で学ぶ事が多いのですが、高校留学だと現地の高校生のための授業を一緒に受けるわけですから、容赦なく外国語のシャワーを浴びるという環境に身を置くことが可能となります。...